丸顔さんにはスクエアが相性抜群

丸顔の特性とスクエアタイプが似合う理由

柔らかな印象である丸顔の方には、直線的なデザインであるスクエアタイプのメガネがマッチします。他の顔のタイプよりも曲線が多いため、シャープな構造のスクエアタイプを装着することにより、顔の輪郭が引き締まり表情も映えます。丸顔は横の比率が高いシェイプであり、スクエアタイプには縦の比率を高める効果があるため、丸みが抑えられてバランスをとりやすいという訳です。加えて縦の幅が短いフレームを選ぶことで、横の比率をさらに抑えられるためおすすめです。

一方、ボストンやウェリントンなど丸みを帯びたフレームは顔の丸みを強調する効果があります。曲線が多いデザインのものを装着すると、顔をより丸く見せてしまうため注意しましょう。

スクエアタイプの特徴

スクエアタイプはリムが横長、すなわち長方形のフレームです。直線的なデザインが、知的でスタイリッシュなイメージをもたらします。普段使いはもちろん、フォーマル・ビジネスシーンなどかしこまった場でも活躍します。またベーシックな形状であるため年齢・性別を問わない点、流行に左右されない点も人気の理由です。幅広い層に愛用されており、フルリム・ハーフリムやリムレスなど構造の種類も豊富です。シャープな印象を強調したいのであれば、縦幅が短いフレームでなおかつメタル系素材を採用したモデルを選ぶと良いでしょう。

丸顔の方がスクエアタイプを選ぶ上での注意点として、アンダーリム構造が挙げられます。フルリムとは異なり、アンダーリムはレンズの下半分のみがリムで覆われている構造です。アンダーリム構造のメガネを着用すると、顔のアクセントが下部に移行します。結果的に顔の縦比率が低くなり、顔が短く見えてしまいます。

めがねの汚れを洋服で拭くことは推奨されていません。理由としては、洋服の繊維は荒いことからレンズを傷付けてしまう可能性が高いためです。